MENU

マッサージはどれくらいの力でやれば良いの?

シミウスホワイトニングリフトケアジェルはシミに効果があるスキンケア化粧品です。

 

朝と夜のお手入れの際に肌に塗ってマッサージをすることで、肌の新陳代謝が活発になってシミを体の外に排出することが出来ます。

 

シミウスの効果を最大限に生かすためにはどれくらいの力でマッサージを行えば良いのか、具体的な基準となる数値がないのでよく分からない方も多いのではないでしょうか。

 

しっかりと力を入れてマッサージをした方がシミを早く消せるかも…なんて考えは間違いですし、逆にシミを悪化させる恐れもあるので絶対に止めて下さい。

 

顔に集まっている表情筋は薄いので、強い力を加えてマッサージを行うと、摩擦によって肌や筋肉が傷ついて、炎症を起こすことがあるのです。

 

このように肌に炎症が発生すると、シミの原因になるメラニン色素の生成が活発になってしまうのです。

 

上記のことを防ぐために、摩擦に気をつけて力を入れすぎずにマッサージを行うことが重要になります。

 

しかし「摩擦に気をつけて力を入れすぎずに…」と言われても、力の加減には個人差がありますから難しいですよね。

 

肌が乾燥している時と潤っている時では乾燥した肌のほうが摩擦が起きやすいというように、その時の肌の状態によって摩擦の起きやすさも違ってくるので、明確な力加減の基準がないのが現状です。

 

ただマッサージをする際に、肌がつっぱるような感じや引っ張られているような感じがしたら、力を入れ過ぎているか、使用したジェルの量が少ない可能性が高いです。

 

シミウスジェルはとても弾力があるので、説明書に記載されている量をきちんと守って使用すればつっぱるような感じは起こりません。

 

ジェルの量が少なすぎると摩擦の原因になってしまいます。

 

肌が弱くて乾燥がちな方は、手のひらが肌にそっと触れるくらいの力で構いません。

 

エステの美顔マッサージをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

 

肌をすーっと指で撫でるくらいの力でもきちんと効果を得ることが出来ます。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ